> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
> 参政権法案、提出断念へ(産経新聞)
 民主党の山岡賢次国会対策委員長は18日夜、都内の韓国大使館で権哲賢大使と会食し、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、国民新党が反対していることから政府提案で今国会に提出することは困難との考えを伝えた。

 権氏が同法案の早期成立を重ねて求めたのに対し、山岡氏は「参院選が控えているので今国会ではできない。タイミングを逸した」と語った。この発言について、出席者の一人は議員立法も含めて提出は難しいとの認識を示したが、別の出席者は「議員立法まで無理だとは断言していない」と語った。

 出席者によると、山岡氏は付与法案について、民主党の小沢一郎幹事長が1月上旬、政府提案とするよう政府側に要請した経緯を説明。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が今夏の参院選に向け、参政権付与法案への反対を掲げている経緯を踏まえ、参院選までに調整することは困難との見通しを示した。

 会合には山岡氏のほか参政権付与を推進してきた民主党の川上義博参院議員、社民党の辻元清美国土交通副大臣、国民新党の下地幹郎国対委員長らが出席した。

【関連記事】
石原知事、外国人参政権「絶対反対だ」 都議会で答弁
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を
まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン
青い目の議員たち 日本国籍で得た重き一票
20年後、日本はありますか?

<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)
あるか政権浮揚策 カギ握る仕分け、普天間移設(産経新聞)
検察、有罪立証の方針=布川事件の再審公判(時事通信)
元外務次官、元毎日記者ら証言へ=「密約」で参考人質疑−衆院委(時事通信)
[PR]
by 7xcwkzerqu | 2010-03-25 11:52

農家です、人は見かけによりません
by 7xcwkzerqu
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧