> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
> 桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)
 立ち枯れなどの被害が指摘されている桜の名所・吉野山(奈良県吉野町)で、桜の保護活動をしている「吉野山保勝会」(会長=北岡篤・吉野町長)は13日夜、初めての住民説明会を同町の吉野山ビジターセンターで開いた。

 参加した住民約70人に、桜が衰退している現状や今後の植樹方針などを報告した。

 説明会では、保勝会の水本和幸・渉外部長がまず、「樹勢が衰えた桜の木には、コケや菌類が繁殖し、立ち枯れなどの被害が出ている」と現状を説明。2008年に発足した「吉野山サクラ調査チーム」団長の森本幸裕・京都大大学院教授も、音波を使った幹の診断の結果、「多くの桜に腐食による空洞があることを確認した」とし、土壌が樹木を腐らせる菌に汚染されていると報告した。

 また、保勝会では現在、桜の種約1000粒をプランターで育てており、5月中旬には苗を植える計画だという。

 報告を聞いた民宿経営の東広明さん(26)は「これまで以上に危機的状況だと痛感した。地元の若者として桜を守る活動に積極的に参加し、後の世代に吉野の桜を伝えていきたい」と話した。

元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人(産経新聞)
教員に罰則、改正案提出=自民、みんな(時事通信)
高校無償化法案が衆院通過=子ども手当法案も(時事通信)
[PR]
by 7xcwkzerqu | 2010-03-17 07:56